ダイヤモンド1カラットの重さってご存じですか?

Posted on 木曜日, 6月 30, 2016 in ダイヤモンド

みなさんはカラットという言葉を聞いたことありますか?そうです。宝石の重さを示す単位のことですよね。ここで気をつけなくてはいけないのは、カラットはダイヤモンドだけを表す単位ではないということです。一般的な宝石の重さはカラットで表されます。
1カラットって何グラムですか?と聞かれたことがあります。ここではダイヤモンドを例に見ていきましょう。まずは1カラットの重さですが、国際単位で1カラット200mgとなっています。日本に入ってくるダイヤモンドのほとんどが外国からの輸入ですので、国際単位がないと困ってしまうのです。でも国際単位がない時代もあったのです。
国際単位ができる以前はダイヤモンドも相場で値段が決まっていました。相場は大きく変動する可能性がありますので、これを変えるべく「英カラット」というものができたのです。イギリスでできた基準でグレーンという単位で表されました。1グレーンは7000分の1ポンド。これを現在のグラム単位になおすと205mgになります。この様に国際基準(1カラット=200mg)の骨格ができたのです。
ちなみにカラットの語源ですが、これはアラビア語の「quirrat(ディゴ)」ギリシャ語の「keration(イナゴマメ)」だと言われています。なぜなら昔はダイヤモンドの重さを計るのにディゴやイナゴマメを使っていたからです。両方ともカラットと読めますね。

Leave a Comment

My music selection makes last.fm look good

You can't see my music, but that doesn't mean it's not there.

Recent comments

WordPress Theme designed by Chris Wallace.

Valid XHTML 1.0 Strict