ダイヤモンド1カラットの重さってご存じですか?

Posted on 木曜日, 6月 30, 2016 in ダイヤモンド

みなさんはカラットという言葉を聞いたことありますか?そうです。宝石の重さを示す単位のことですよね。ここで気をつけなくてはいけないのは、カラットはダイヤモンドだけを表す単位ではないということです。一般的な宝石の重さはカラットで表されます。
1カラットって何グラムですか?と聞かれたことがあります。ここではダイヤモンドを例に見ていきましょう。まずは1カラットの重さですが、国際単位で1カラット200mgとなっています。日本に入ってくるダイヤモンドのほとんどが外国からの輸入ですので、国際単位がないと困ってしまうのです。でも国際単位がない時代もあったのです。
国際単位ができる以前はダイヤモンドも相場で値段が決まっていました。相場は大きく変動する可能性がありますので、これを変えるべく「英カラット」というものができたのです。イギリスでできた基準でグレーンという単位で表されました。1グレーンは7000分の1ポンド。これを現在のグラム単位になおすと205mgになります。この様に国際基準(1カラット=200mg)の骨格ができたのです。
ちなみにカラットの語源ですが、これはアラビア語の「quirrat(ディゴ)」ギリシャ語の「keration(イナゴマメ)」だと言われています。なぜなら昔はダイヤモンドの重さを計るのにディゴやイナゴマメを使っていたからです。両方ともカラットと読めますね。

ダイヤモンドの4cとはなにか

Posted on 水曜日, 6月 29, 2016 in ダイヤモンド

ダイヤモンドの4cとは重さであるカラット、透明度であるクラリティ、色合いのカラー、プロポーションのカットになります。これらの頭文字がすべてcですので、4cと言われて、これらの数値が高いほどダイヤモンドの価値が上がります。
一般的に鉱石類の質は採掘された原石の時点で決まっていますが、カットに関しては人間の力が重要な要素になっているのです。ダイヤモンドを購入する際はこの4cを基準に購入することが大事になっていて、4cはもっとも分かりやすい宝石の見極め方の基準となっています。それゆえ正しく知っておくことによって、失敗しない購入の方法が分かるようになるのです。
こういったことから4cとは販売員だけではなく、購入者も知っておきたいものとなっていて、今はネットなどを見れば簡単に調べられます。購入前には確認しておくといいでしょう。4cはダイヤモンドを見極める重要なポイントになってくるので、ダイヤモンドは高価な品であるだけに失敗しないように、間違えないように購入したいものです。高価な物を購入するので、ある程度を学んで見極める目を持つことが必要です。自分でも知識を持つことによって安心してダイヤモンド買い物ができるようになります。
http://okwave.jp/qa/q4433215.html

信頼のティファニーのダイヤモンド製品

Posted on 火曜日, 6月 14, 2016 in ダイヤモンド

ダイヤモンドを使ったアクセサリーを作るメーカーは多いですが、130年以上もの歴史があるのがティファニーです。自分へのご褒美に 、またはエンゲージメントリング(婚約指輪)として利用されることも多く、その指輪やダイヤモンドのデザインは多くの女性を魅了しています。ちなみに、ティファニーのエンゲージメントリングに使われているダイヤモンドは、職人がカットしているため美しい輝きを持っており、ダイヤモンド鑑定書がしっかり鑑定されていることを証明してくれます。

誰もが耳にしたことがある有名ブランドで、女性には特に喜ばれる事も多いです。なので、これからエンゲージメントリングを何にしようか考えている方は、ティファニーを利用するのもオススメです。

また、ティファニーが有名なのはエンゲージメントリングだけでなく、その他には銀製品なども人気です。銀製品の例としては、マネークリップやスプーンなどがあります。ティファニーのマネークリップなどは、今度は女性が男性に贈るプレゼントとしても最適です。

マネークリップは一つ一万円前後で販売されている商品もあり、高すぎず安すぎずというプレゼントとして調度良い価格帯だけでなく、ティファニーの製品というブランド力もあります。自身で使うのも良いですし、男性への贈り物としても使えます。

ダイヤモンドのネックレスのブランドなど

Posted on 月曜日, 6月 13, 2016 in ダイヤモンド

ダイヤモンドのネックレスは年を取ってもずっと身に着けていられるので女性にとって必需品だといえます。
ずっと使える一粒ダイヤネックレス。そのシンプルな輝きはどんな女性にも似合います。また誰が身に着けても似合うので、男性から女性への贈り物としても需要が高いです。ダイヤモンドのネックレスは基本的に一粒のダイヤモンドにチェーンを通したものとなります。ダイヤモンドは高価ですが、ネックレスなら一粒だけで済むのも人気が高い理由です。ブランドはいくつかあり、有名なファッションメーカーや海外メーカーが主に参入しています。有名なブランドほど価値が高いので、どうしても高価になります。またそのブランド独自の形状のダイヤモンドがあります。
またブランドの商品によって、身に着けているだけで恋が叶うなどのジンクスをもっていることがあり、ロマンティックな気分を味わうことができます。ダイヤモンド部分だけでなくネックレスの形状などもブランドによってオリジナリティが高いのでどれが一番良いというよりその人の好みで選ぶのが良いです。またブランドによって芸能人の愛用者が多いなどの特徴があるので、自分の憧れの人が身に着けているダイヤモンドのネックレスを参考にして選ぶのもよいです。

ダイヤモンドの買取というのは

Posted on 金曜日, 6月 10, 2016 in ダイヤモンド

ダイヤモンドの買取というのは、4つのCが重要になります。これはカラー、クラリティ、カラット、カットの4つのCになります。
ダイヤモンドはしっかりと買取をしてもらうことがかなり容易にできるようになっています。ダイヤモンドであれば、金銭的な価値がしっかりとあります。人類が誕生してから、ずっと価値がある物であり、非常によい財産になります。
買取をしてくれるところですが、お金がかかることはないです。つまりは、基本的には無料で査定をしてもらうことができますから、その点に関しては安心してよいでしょう。つまりは、安心してみてもらうことができるわけです。ダイヤモンドはほぼ劣化することがないです。例えば真珠などは素手で触れることはやめておいたほうがよいでしょうが、ダイヤは気にしないで良いです。但し、買取をしてくれるときの作法としては手袋はします。指紋がつかないわけではないので、これは当然であるといえます。日ごろから自分の手で触ることを躊躇う必要はないでしょうが、それでも十分に注意したほうが良いでしょう。買取りサービスですが、色々なところを回るべきです。そうすれば一番高いところに売ることができるようになるからです。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6854163.html

ダイヤモンドとジルコニアの違いはいかに

Posted on 日曜日, 6月 5, 2016 in ダイヤモンド

マリッジリングやエンゲージリングに使われることが多い、宝石といえばダイヤモンドです。私を含め、女性の永遠のあこがれといっても過言ではありません。
昔からよくあるダイヤモンドのイミテーションといえば、水晶などが有名ですが、若い女性向けの雑貨屋さんで比較的手に入り易いのが、キュービックジルコニアです。
ざっくりと違いを説明すると、ダイヤモンドは炭素の同素体であり、ジルコニアはジルコニウムの酸化物であるということですが、ジルコニアも良いものなら、どちらがどうか見分けがつきません。
簡単に見分ける方法を、いくつかご紹介しましょう。
ダイヤモンドは固いことで有名ですので、ガラスなどをダイヤモンドでこすり、ガラスに傷がついてダイヤに傷がついていない状態であることが確認されたら、それは本物のダイヤモンドです。傷がついてしまったら、残念ながらジルコニアということになります。
せっかくの宝物に傷がついたら嫌だという人もいるでしょう。もちろん、他にも方法があります。ダイヤモンドには熱を逃がすという性質があります。そこで、息を吹きかけてみて曇らなければ本物のダイヤモンドで、曇ってしまうとジルコニアということになります。
お手元のダイヤモンドが本物かどうか、試してみたくなりますね。でも、大切な思い出の品だったら本物かどうか検証せずに、大切にしておくのもいいでしょう。

ダイヤモンド一カラットの大きさは?

Posted on 土曜日, 6月 4, 2016 in ダイヤモンド

ダイヤモンドは、炭素が圧力や熱で結晶となってできたものです。そのため、すべてのダイヤモンドは類似した特性を持っています。たとえば、ダイヤモンドの比重は3.516から3.525g/立方センチメートルで、屈折率は2.417です。もし、この値が大きくばらつくと、ダイヤモンド特有の輝きや、重量が変わってしまうことになります。
ところで、一カラットはダイヤモンドに限らず宝石全体に使われている単位です。ダイヤなど宝石の1カラットの大きさは、実は大きさではなく重さの単位になっており、現在では一カラット=200mgで統一されています(過去には国によって違っている時代がありました)。比重が一定で、重さも決まっていれば、大きさも一定になります。なので、ダイヤモンド一カラットの大きさは、0.65立方センチメートルになります。もし立方体であれば、1辺が8.7mm程度です。
実際は、ダイヤモンドはブリリアントカットなど、見た目にキラキラ光るように工夫された形状にカットされています。そこで、ブリリアントカットのダイヤモンド一カラットの大きさの目安を見ると、カットの上から見た場合の直径が6.5mm程度のものになります。大体の目安を知っておくと、宝石店などで見た際にもすぐにイメージが湧くと思います。

スピード買取.jpは人気の買取業者

Posted on 日曜日, 8月 30, 2015 in 買取回収

スピード買取.jpは、あらゆる買取品目を取り扱う買取専門店です。なんでも買取するような業者はあまりよくないといったイメージがあるかもしれませんが、決してそうではありません。なんでも買取する業者であっても、きちんと鑑定士がいて、買取するものによって鑑定士が変わる、とにかく経験が豊富ということであれば、利用してもいいでしょう。

スピード買取.jpの強みは、出張買取専門であるというところです。出張買取専門の業者は、高く買取してくれる業者としても知られています。店舗を運営する必要がないため、コストがかかりません。コストがかからない分、ほかの買取業者よりも高く買取することを目標にしているため、高い買取額がつくのです。出張買取も即日対応してくれるぐらい素早い買取が可能なので、すぐに売りたい人でも納得のサービスです。

買取回収業者は種類がたくさんありますが、宝石買取をする場合もスピード買取.jpは利用しやすいと評判が高いです。やはり評判が高いと、利用しやすくなりますね。

オススメである買取業者をピックアップしてご紹介していますので、初めて売る人や違う買取業者を探したいという人は、利用してみてください。売る前に見ておくと参考になる情報ばかりです。

鑑定書はとても大事な付属品

Posted on 金曜日, 8月 21, 2015 in 整理

整理をしていて見つかったダイヤモンドを買取してもらうとなると、用意してほしいものがあります。それは鑑定書と呼ばれるものです。ダイヤモンドがどれぐらいのレベルのものなのかを知るために必要です。鑑定士はプロなのできちんと自分の目で見て調べてランク分けレベル分けをするものですが、鑑定書があれば楽に査定ができます。

鑑定書だけですべてを把握するとわけではありませんが、ダイヤモンドの査定が素早く終わるとともに、本当のレベルを次に購入する人に知らせることができます。

自分が買う側だと思って考えてみてください。鑑定書がないダイヤモンドと鑑定書があるダイヤモンド、どちらが信頼できると思いますか?やはり鑑定書があるほうでしょう。たとえ同じレベルのダイヤモンドだったとしても、鑑定書があるかないかでは買取額に大きな差が出てしまいます。その差はダイヤモンド本体では埋めることができない差なので、鑑定書がある場合は必ず一緒に買取してもらいましょう。

ダイヤモンド買取相場.comではオススメ買取業者を紹介しているので、ダイヤモンドに正確な価値を付けてもらいたいという人は、オススメ買取業者を利用してください。ランキングで紹介していますので、ランキングの内容も参考にしてくださいね。

買取業者はどうやって選べばいい?

Posted on 火曜日, 8月 18, 2015 in 遺品整理

ダイヤモンド買取を遺品整理などでしたいとなれば、おこなわなくてはいけないのは業者探しです。初めて売る人は、買取業者の良し悪しを知ることから始めなくてはいけないでしょう。買取業者として営業している業者の中には、悪質業者もいます。あたかも高く買取するかのように装って、実際に査定をしてみるとあまり高く買取できなかったといい、安く買取するのです。本当に安くしか買取できないという可能性もありますが、悪質業者は高く売れるものを安く買うというのが営業方法ですから、気を付けてください。高く売れるはずのものを安く売ってしまうという行為は、気づいてから悔やんでも悔やみきれません。

ダイヤモンド買取をしてもらう際に参考にしてほしいのは、ダイヤモンド買取価格.comというサイトです。ダイヤモンド買取業者の選び方はもちろんですが、ダイヤモンドを業者はどのように査定するのか、そして各業者ごとに比較もできるようになっています。

比較サイトへまずはどうぞ。口コミなどで評判がいいところばかりを集めて紹介しているので、どこを選んでもうまくいきます。ただそれぞれ展開しているサービスは違いますので、サービス面を比較して調べてみてください。利用しやすいサービスを選択できるといいですね。

My music selection makes last.fm look good

You can't see my music, but that doesn't mean it's not there.

Recent comments

WordPress Theme designed by Chris Wallace.

Valid XHTML 1.0 Strict