ダイヤモンド一カラットの大きさは?

Posted on 土曜日, 6月 4, 2016 in ダイヤモンド

ダイヤモンドは、炭素が圧力や熱で結晶となってできたものです。そのため、すべてのダイヤモンドは類似した特性を持っています。たとえば、ダイヤモンドの比重は3.516から3.525g/立方センチメートルで、屈折率は2.417です。もし、この値が大きくばらつくと、ダイヤモンド特有の輝きや、重量が変わってしまうことになります。
ところで、一カラットはダイヤモンドに限らず宝石全体に使われている単位です。ダイヤなど宝石の1カラットの大きさは、実は大きさではなく重さの単位になっており、現在では一カラット=200mgで統一されています(過去には国によって違っている時代がありました)。比重が一定で、重さも決まっていれば、大きさも一定になります。なので、ダイヤモンド一カラットの大きさは、0.65立方センチメートルになります。もし立方体であれば、1辺が8.7mm程度です。
実際は、ダイヤモンドはブリリアントカットなど、見た目にキラキラ光るように工夫された形状にカットされています。そこで、ブリリアントカットのダイヤモンド一カラットの大きさの目安を見ると、カットの上から見た場合の直径が6.5mm程度のものになります。大体の目安を知っておくと、宝石店などで見た際にもすぐにイメージが湧くと思います。

Leave a Comment

My music selection makes last.fm look good

You can't see my music, but that doesn't mean it's not there.

Recent comments

WordPress Theme designed by Chris Wallace.

Valid XHTML 1.0 Strict